家族葬の受付は誰がやるの?

家族葬の受付は誰がやるの?

家族葬では誰に受付係を依頼すれば良いのか悩む方が多いですが、受付係を務める人は決まっています。
今回は、家族葬で誰に受付係を頼むべきか、受付係の仕事と併せてご紹介いたします。

目次

家族葬に受付は必要なのか

故人の親や子供、親族などの遺族のみで執り行われる家族葬の場合は、受付係を頼む必要はありません。
しかし、事前に受付の済まし方や、香典を受け取るのか辞退するのかなど、分かりやすく通達しておく必要があります。
故人と親しかった友人や知人など、10名以上の参列者となる場合は受付係が必要となります。
では、受付係は誰に任せればいいのでしょうか。

受付を誰に任せればいいのか

葬儀の際中は、直系親族は席に着くことになるので、受付係をするのは物理的に不可能となります。
そのため、直系以外の親族に受付係を頼むのが一般的です。
しかし、参列者や遺族が高齢の方ばかりとなった場合などで、親族の中で受付係をする人が居ない場合は、葬儀スタッフに有料で依頼することが可能です。
この場合、葬儀社によって「香典の中身は確認しない」など制約がある場合があります。

家族葬で受付係がやること

通常の葬儀と異なり参列者が少ない家族葬でも、受付係は重要な役割を担っています。
いつ誰が受付係になっても良いように、これからご紹介する家族葬で受付係がする仕事を頭に入れておくと安心です。
受付係は開始1時間前に会場入りをして、受付のやり方に関する打ち合わせを行います。

この打ち合わせで必ず確認しておきたいのが、

  • 香典を受け取るかどうか
  • 受け取るなら香典返しはどうするのか

です。

家族葬では故人や遺族の意向で香典を辞退するケースも多いため、もし香典を渡された場合は「故人の意向で香典は辞退しております」と一言添えて辞退しましょう。

香典を受け取った場合は、香典返しが必要になります。香典返しは荷物になるため後日郵送で渡すケースもあります。当日渡しなのか、郵送なのか必ず確認しておきましょう。
香典を受け取るのか、香典返しはいつ渡すのかを喪主に確認した後は、式場の見取り図を把握しておきます。
トイレと喫煙所の場所はよく聞かれる他、式典開始の時刻も聞かれることが多いので把握しておきましょう。

まとめ

家族葬でも基本的には受付係が必要ですが、遺族のみの少人数の場合は受付係を任せないケースもあります。
受付係は直系の親族以外の親族に依頼するようにし、頼める人が居ない場合は式場スタッフに依頼しましょう。

てんれい友の会Membership

入会金・年会費無料の「てんれい友の会」ご入会で、会館使用料が10万円割引になる特典もご用意しております。
会員様から三親等の方まで特典が利用可能なので、お気軽にお問い合わせください。

家族葬の天礼社は24時間265日受付中!
家族葬の受付は誰がやるの?

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事をシェアする
目次