お葬式やお通夜でマスクを付けても大丈夫?新型コロナウイルス感染拡大防止対策について

お葬式やお通夜でマスクを付けても大丈夫?新型コロナウイルス感染拡大防止対策について

新型コロナウイルスや花粉症、インフルエンザなどの対策のために、葬儀にマスクを着用したまま参列したいと考える人も多いでしょう。何かとルールの多い葬儀ですが、マスクを付けたまま参列することはマナー違反にあたるのでしょうか。
今回はそんな葬儀におけるマスクのマナーと、弊社の新型コロナウイルス拡大防止策の2点について解説していきます。

目次

葬儀にマスクを付けて参列してもマナー違反ではない

結論から言いますと、葬儀にマスクを付けたまま参列してもマナー違反にはなりません。風邪や花粉症で咳やくしゃみが出る可能性がある場合は、ほかの人に配慮するという意味でもマスクを着用しておくことが好ましいです。
葬儀には子供や高齢者など、免疫力が低い会葬者も多いです。周囲にうつさない、不快な思いをさせないという判断も気遣いのひとつ。具合が悪いときは無理をせず、マスクをして参列してくださいね。
念のため、受付や喪主に「体調が悪いのでマスクをしています」と一言伝えておくようにしましょう。

予防としてマスクを着用しても問題ない

インフルエンザや妊婦さんの感染症予防が目的の場合は、健康な人でもマスクを付けて参列して問題ありません。
とくに妊婦さんは、ニオイが原因で体調不良を起こしやすいです。体の不安を軽くするためにも、マスクを付けて参列することをおすすめします。
この場合も、あらかじめマスクをつるけることについて一言添えておくと安心です。

マスクは白いものを選ぶ

最近のマスクは黒やピンクなど、色つきのものが増えてきています。しかし、色つきのマスクはカジュアルな印象を与えてしまうため、よく思われないこともあります。
ほかの会葬者に不快な思いをさせないためにも、葬儀に参列するときは白いマスクを選んでくださいね。

葬儀でマスクを使用するときの注意点

マスクを付けたまま葬儀に参列することはマナー違反ではありませんが、場合によってはマスクを外した方がいいと判断されることもあります。
ただし、必ず外さなければいけないわけではないため、体調や状況に合わせて判断しましょう。

喪主の場合

喪主や親族であっても、マスクの着用はマナー違反にはなりません。しかし、規模が大きな葬儀の場合、喪主がマスクをしていることに違和感を抱かれることもあるでしょう。
体調が悪いときはマスクをしている方が好ましいですが、挨拶のときはマスクをしたままだと声が聞こえにくくなってしまいます。可能であれば、挨拶の際だけマスクは外しておくことをおすすめします。

お焼香をするとき

お焼香をするときは、マスクをしていてもマナー違反にはなりません。しかし、「誰がお焼香をしているかがわかるようにマスクを外しておくべき」という意見もあります。自分の番が近づいてきたらマスクを取り、お焼香が終わって席に戻ったタイミングでマスクを付け直すようにする人もいらっしゃいます。
ただし、マスクを顎にずり下げたままお焼香をするのは絶対にやめましょう。マスクを外すのであれば耳から外し、ポケットにしまってからお焼香してくださいね。

受付をするとき・受付に立つとき

葬儀の受付を済ませるときも、マスクを外しておいた方がベターです。マスクをしたまま受付をしてしまうと声が聞き取りにくくなってしまい、スムーズに受付が進まないことがあります。
受付の担当者も、同様の理由でマスクをしない方が好ましいです。さらに、お悔やみの言葉をうかがうときに表情が見えないことを、失礼だと受け取ってしまう人もいます。
とはいえ 、くしゃみや咳が酷い状態でマスクもせずに受付に立ってしまうと、相手に不快感を与えてしまう可能性があります。この場合は無理をせずに、他の人に受付を代わってもらうようにしましょう。
代わりが見つからない場合は、マスクをしたまま受付に立ってもいいかを遺族に確認してから受付をするようにしてくださいね。

新型コロナウイルス予防のためにマスク着用の徹底を

今まではご紹介してきたように、マスクを外すべきケースやタイミングなどに関する意見がありました。しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の流行により、葬儀のマナーが変わってきています。
現在の葬儀では、喪主も会葬者もスタッフも、葬儀場にいる全ての人がマスクを付けているケースが増えてきています。葬儀場の入り口にマスクの着用を促す看板を設置する葬儀社も多いです。
新型コロナウイルス収束後も、現在のようにマスクを付けたまま葬儀を執り行うことがスタンダードになっていくことが考えられます。子供からお年寄りまで幅広い年齢層の人が集まる葬儀。周囲に配慮するという意味でも、うまくマスクを活用していけるといいですね。

弊社では新型コロナウイルス拡大防止対策を実施中

葬儀でのマスクを付けることは決してマナー違反にはなりません。体調不良や感染症予防のためにも、状況に応じてマスクを活用してくださいね。
弊社では、新型コロナウイルス対策として、以下のことを実施しています。

  • スタッフのマスク着用
  • アルコール消毒液の設置
  • 換気や会場の消毒
  • お席の間隔を広くするレイアウト変更
  • お持ち帰り用弁当による会食の自粛

皆様の健康を守るために取り組みながら葬儀を執り行っていきますので、葬儀の際はお気軽にお問い合わせください。

てんれい友の会Membership

入会金・年会費無料の「てんれい友の会」ご入会で、会館使用料が10万円割引になる特典もご用意しております。
会員様から三親等の方まで特典が利用可能なので、お気軽にお問い合わせください。

家族葬の天礼社は24時間265日受付中!
お葬式やお通夜でマスクを付けても大丈夫?新型コロナウイルス感染拡大防止対策について

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事をシェアする
目次