葬儀の席順の意味は?覚えておきたい上座や下座のマナー

葬儀の席順の意味は?覚えておきたい上座や下座のマナー

葬儀に参列した場合、空いている席に座るのはマナー違反になるのをご存知ですか?
葬儀には席順が存在しており、故人との関係によって座るべき場所が決められています。
今回は、葬儀における席順の意味とマナーについてご紹介いたします。

目次

葬儀で席順を決める理由

葬儀に参列した際、空いている席に自然と腰かけてしまいがちですが、席順はあらかじめ決まっているので注意が必要です。
席順を決めることで、誰が喪主か弔問客に分かるようにすること以外に、焼香をスムーズに行うことができるという利点があります。

覚えておきたい葬儀の席順

葬儀の席順には、ビジネスシーンと同じく上座・下座が存在します。
生きていれば、誰かの葬儀に参列する機会が必ずありますので、これを機会に葬儀における席順の意味やマナーを覚えておきましょう。

祭壇に向かって右側が遺族・親族席

祭壇に向かって右側は、葬儀において上座となります。
この上座には、喪主や遺族・親族が座ります。

通路側は最上座とされており、喪主が座ります。
その隣に喪主の配偶者や遺族など、喪主の次に故人と濃い関係だった人が座ります。

その後ろに、親族や近親者が座ります。
親族は家族単位で座ることが一般的とされており、通路側に故人と濃い関係であった人が座ります。

祭壇に向かって左側が職場関係者や友人知人席

故人が自分の職場関係者や友人・知人の場合、どの席に座れば良いのでしょうか。

祭壇に向かって左側は下座となり、葬儀の世話役代表や世話役が前列に座ります。
その後ろに、職場関係者や友人・知人が着席します。

下座でも、前の席や通路側は上座となるため、故人と親交が深かった人が優先的に着席します。

法事・法要の場合の席順

四十九日や初盆・一周忌などの法事や法要の際は、遺族や親族など近親者で行われることが一般的です。
この場合も葬儀の際と同じく、祭壇に向かって右側の通路側が施主。その隣に遺族が着席します。

施主の後ろには親族が着席します。
この先の席順も葬儀の際と同様に家族単位で着席し、通路側に故人と濃い関係の人が着席します。

故人と親交が深かった友人や知人・職場関係者の場合、法要や法事に参列することもあるでしょう。
この場合、葬儀と同じく祭壇に向かって左側に着席しますが、葬儀と異なり世話役が居ないため、友人や知人・職場関係者であっても前列に着席します。

まとめ

葬儀ではあらかじめ席順が決められており、空いているからといって適当な席に着席するのはマナー違反です。
そのため、これを機会に葬儀における席順の意味やマナーを覚えておくようにしましょう。

てんれい友の会Membership

入会金・年会費無料の「てんれい友の会」ご入会で、会館使用料が10万円割引になる特典もご用意しております。
会員様から三親等の方まで特典が利用可能なので、お気軽にお問い合わせください。

家族葬の天礼社は24時間265日受付中!
葬儀の席順の意味は?覚えておきたい上座や下座のマナー

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事をシェアする
目次