葬式に参列する時のハンカチはどんな物が良い?正しい選び方とは

葬式に参列する時のハンカチはどんな物が良い?正しい選び方とは

葬式に参列する際、喪服やバッグ・靴以外にも用意しなければいけないものがいくつかあります。
その中で意外とマナー違反が目立つのがハンカチです。
今回は、葬式に参列する際に知っておきたい、正しいハンカチの選び方をご紹介いたします。

目次

葬式で必要なハンカチの選び方

手を拭く、涙を拭うなど、葬式に参列する時にハンカチは必需品です。
使用シーンが多いハンカチにも、喪服やバッグなどと同じくマナーがあります。

では、どのようなハンカチを選べば良いのでしょうか?

服やバッグ・靴など、葬式に着て行く服や小物類は黒で統一されるため、ハンカチも黒の方が良いというイメージがありますが、正しくは白色のハンカチを選びます。
これは、古来より神事や弔辞では白装束で執り行ってきたため、その名残として白いハンカチを持参することがマナーとされています。
現代では喪服の色と併せて黒でも問題ないとされています。

素材

ハンカチと一言で言っても、様々な素材で作られています。
葬儀に参列する際は、吸水性に優れ光沢がない、綿や麻・木綿が適しています。
レーヨンやシルクのハンカチも販売されていますが、吸水性が悪く、光沢があるため葬式の場には不適切なので避けます。
また、吸水性が良く光沢がないタオル地のハンカチもありますが、葬式の場ではカジュアルすぎるので避けます。

デザイン

葬式など弔辞の場では、喪服と同じく無地で柄のないハンカチが適しています。
しかし、無地で控えめな刺繍やブランドのロゴ程度なら問題ありません。
女性なら控えめなレースがあしらわれたハンカチでも良いでしょう。
派手な柄やキャラ物は避けましょう。

ハンカチをしまっておく場所

葬式に参列する際のハンカチに男女の差はありませんが、ハンカチをしまっておく場所には違いがあります。

男性は葬式などフォーマルな場ではカバンを持たないため、ジャケットやズボンのポケットに入れます。
この時、胸ポケットに入れるとマナー違反になるので注意しましょう。

女性はバッグを持ち歩くので、バッグかジャケットなどのポケットにしまいます。

まとめ

葬式に参列する場合は、白色で無地のハンカチを用意します。
控えめな刺繍やレースなら問題ありませんが、派手な柄やキャラ物は避けます。
葬式に限ってはハンカチにもマナーはがあるので、参列する際は注意しましょう。

てんれい友の会Membership

入会金・年会費無料の「てんれい友の会」ご入会で、会館使用料が10万円割引になる特典もご用意しております。
会員様から三親等の方まで特典が利用可能なので、お気軽にお問い合わせください。

家族葬の天礼社は24時間265日受付中!
葬式に参列する時のハンカチはどんな物が良い?正しい選び方とは

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事をシェアする
目次