葬儀にスーツを着て行ってもいい?葬儀用のスーツの選び方とは

葬儀にスーツを着て行ってもいい?葬儀用のスーツの選び方とは

訃報は予告もなく突然やってくるものです。
急な訃報で礼服の用意が間に合わず、困ってしまうこともあるかも知れません。
そんな時に手持ちのビジネススーツを着て葬儀に参列してもいいのか、と考える人は少なくないはずです。
本記事では、
・葬儀にビジネススーツで参列するのはマナー違反になるのか
・葬儀用のスーツの選び方
についてお伝えしていきます。

目次

葬儀にビジネススーツで参列してもいい?

意外なことに、葬儀にビジネススーツを着て参列することは、マナー違反にあたります。
お通夜の場合は急なことが多いので、暗い色であればビジネススーツを着て参列しても問題ない場合もあります。
しかし、葬儀には絶対に礼服を着ていく必要があります。
暗い色のスーツであれば問題ないと思われる人もいるかもしれませんが、ビジネスで利用するスーツと礼服のスーツは全く異なります。
「黒だから大丈夫」と、ビジネススーツを着て参列してしまうと、悪目立ちしてしまうことがありますので注意しましょう。
家族葬の場合でも、マナーは一般的な葬儀と変わりません。
「身内だけだからいいだろう」と思わずに、きちんと礼服を用意してください。

ブラックスーツやダークスーツであれば着用可能

ブラックスーツやダークスーツは略礼服なので、葬儀に着て行っても問題ないです。
ブラックスーツとビジネススーツは、同じようで異なる点が2つあります。

生地が違う

1つ目の違いは生地です。
ブラックスーツは、上質なウールを使用した濃い黒色で、光沢のない生地で作られています。
一方でビジネススーツの生地は、ポリエステルが含まれたグレーがかった薄い黒色の場合が多く、光沢のある生地で作られています。
そのため、生地の光沢を見ればスーツの違いが一目瞭然です。
とくに、お悔やみの席では光沢のあるものを身に付けるのはマナー違反になりますので気をつけてください。

デザインが違う

2つ目の違いはデザインです。
ブラックスーツは、ジャケットの裾に『ベント』と呼ばれるスリットが入っておらず、ゆったりとしたシルエットのデザインが多いです。
一方でビジネススーツは、ジャケットの裾に『ベント』が入っており、細身でスタイルを良く見せるデザインが多いです。
ベントは動きやすくするためのデザインで、礼服であるブラックスーツには必要ないので入っていません。
また、礼服は1度購入すると滅多に買い換える機会がないので、体型が変わっても長く使用できるデザインになっています。
デザインの違いは誰が見てもすぐに分かってしまうので、ビジネススーツを礼服代わりに使用するのはオススメできません。

葬儀用のスーツを用意するときのポイント

いつ葬儀に参加することになってもいいように、ブラックスーツは1枚は持っておきたいものです。
実際に、葬儀用のスーツを購入する際に気をつけたいポイントについて説明していきますので、参考にしてみてください。

素材や着心地の良さ

葬儀用のスーツの生地は、深い黒色が良いとされています。
格の高いスーツほど、上品で深い黒色の生地を使っている場合が多いです。
また、礼服は一度買うとなかなか買い換えるようなものではなく、何度も着ることになるので着心地も大切になってきます。
安いブラックスーツは劣化しやすい素材を使っていることもあるので、なるべく長持ちする品質の良いものを選びたいものです。

オールシーズン用のものを選ぶ

ビジネススーツと同じように、ブラックスーツにも夏用・冬用があります。
両者の違いは裏地の有無で、夏用のスーツは裏地がなくて通気性がよく、冬用のスーツは裏地があって暖かい着心地です。
どちらも便利な面がありますが、礼服を2着用意できない人も少なくないと思います。
その場合は、オールシーズン用のスーツを購入しましょう。
オールシーズン用のスーツは、名前の通り一年中着られるものです。
裏地が付いておらず、夏は暑すぎず冬は寒すぎない生地でできています。

スーツでの参列は絶対にNG。急いで礼服を用意するには

「礼服がないのに急な訃報が入った」
「久しぶりに着たら体型が変わっていて礼服が入らない」
など、急いで礼服を用意する必要が出てくることがあるかもしれません。
その場合の対処法をご紹介していきます。

即日購入可能なお店で購入する

大きな量販店なら、場合によってはスーツを購入した当日に持ち帰ることが可能です。
お店によっては、即日仕立てをしてくれるところもあります。
お店の在庫にある商品の中からしか選べないというデメリットがありますが、試着や採寸をしっかりすることで失敗が防げます。

礼服のレンタルサービスを利用する

購入しない場合は、礼服をレンタルするという方法も。
葬儀会社によっては、礼服の貸し出しをしている場合があります。
また、インターネットで当日貸し出しをしているサービスもあるので、急に礼服が必要になった場合でも安心です。
ただし、当日貸し出しサービスは地域によって差がありますので、注意が必要です。

てんれい友の会Membership

入会金・年会費無料の「てんれい友の会」ご入会で、会館使用料が10万円割引になる特典もご用意しております。
会員様から三親等の方まで特典が利用可能なので、お気軽にお問い合わせください。

家族葬の天礼社は24時間265日受付中!
葬儀にスーツを着て行ってもいい?葬儀用のスーツの選び方とは

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事をシェアする
目次